Roomnavi/賃貸マンション情報サイト

 
コンテンツ
 

 

賃貸マンションを借りる時、家賃だけで引越はできません。まずは賃貸生活に必要な金銭感覚を身につけましょう!

初期費用
関東 礼金 0〜2ヶ月 主に関東で必要な初期費用。
敷金 1〜3ヶ月 預け金。退去時に、滞納家賃、契約書に定められた補修費用を差し引かれて帰ってくる。
関西 敷金 3〜5ヶ月 例えば関東で礼金2、敷金2を関西の敷引き方式に乱暴に言い換えると、敷金4敷引2ということになる。預けた敷金のうち、確実に敷引分は帰ってこない。敷引きには礼金や更新料が渾然一体となっているという考えもあるから、敷金は関東方式のように原則預け金ということではない。
敷引き 2〜4ヶ月
前家賃 1ヶ月 家賃支払い方法が「前家賃」となっている契約の場合は、翌月の家賃を契約時に支払う。
日割家賃 最大1ヶ月 契約月の月末までの家賃。前家賃とあわせると最大で約2ヶ月となる。
仲介手数料 原則1ヶ月 不動産会社に支払う「紹介料」だ。これだけが不動産会社の収入となる。
保険料 1万5千円
〜2万円
火災保険に加入することが入居の条件にされていることがほとんど。通常は2年に一度。
鍵交換費用 1〜2万円 入居する時に鍵を新しい物に交換。最近は物騒なので原則応じておいたほうが良い
期中費用
更新料 1ヶ月 契約更新ごと(二年がほとんど)に一度、家賃の1ヶ月分支払う。地域によっては2ヶ月のところもある。関西地方にはない。
更新手数料 それぞれ これは不動産会社により様々なケースがある。更新料と同様に、契約更新時に不動産会社に支払う。多くの場合は数万円〜家賃の半月分。

 

家賃は月収の三分の一に! 敷金は部屋を出るまで預けるお金!
家賃(賃料)は「収入の3分の1」以下が理想的と言われている。その際にアルバイトなどの不定期な収入は計算に入れないようにしよう。親御さんの仕送りだけで生活をする場合は、生活費を考えてから部屋を探しましょう。また、家賃のみでなく管理費や水道、電気、電話代など毎月支払う必要がある料金も忘れずに。 敷金というのは、部屋の契約を解除して引っ越す頃まで大家さんに預けておくお金と考えよう。基本的には戻ってくるお金ですが、家賃の滞納や入居者負担で部屋の補修をする場合に、敷金から差し引かれることになります。首都圏では、敷金の額は家賃の2〜3カ月程度の場合が多いようです。賃貸借契約を正式に締結する場合に、現金で支払うことになります。
契約時には家賃の6ヶ月分を目安に! 仲介手数料は不動産への謝礼金!
契約をする際には、家賃の約半年分を目安にしてお金を準備しよう。詳しい内訳は礼金として家賃の2カ月分、敷金2カ月分、仲介手数料1カ月分、前家賃(入居を開始する月の家賃)1カ月分と考えます。しかしこれはあくまでも目も不要なこともある。また、敷金・礼金は首都圏に多くみられる制度です。ほかの地方では見かけないことが多い。 多くの不動産は、家主と入居者の仲介を大きな仕事としています。客に物件を紹介して、決まった時にそのサービスに対して払うのが仲介手数料になります。金額は高くても家賃の1カ月分まで。法律で定められています。ちなみに不動産が家主(貸主)の場合は不要のケースが多く見られるでしょう。

Valuable information


フィギュア買取で評判の業者をランキング形式で紹介!



2019/9/3 更新